忍者ブログ
クロノグラフ機能を備えた時計専門の通販や販売情報など 
[53] [6] [52] [51] [49] [2] [1] [29] [43] [25] [18]

こんにちは、クロノグラフの時計が大好きです。
クロノグラフとは、一般にはストップウオッチ機能を備えた懐中時計または腕時計です。針が沢山付いた時計、という意味ではないんですね。
クロノグラフ時計は時間・距離・速さ・そういう世界に関わる自動車レース・航空機など・時を読むだけではなく、経過を知る計器としての機能を持った時計です
クロノグラフの機能なんてほとんど使うことはないのだけれど、(私はほとんどありません)メカニカルなデザインと物語が男性を魅了し続けているのでしょう。
クロノグラフ時計は電池供給の水晶発振式のアナログ式では、電力の関係から長時間、ストップウォッチを動かせないので、ストップウォッチは60分計のみが限度の物が多いのですね。12時間計を備えている場合でもカタログには一日の使用制限を記していることもあります。
機械式のクロノグラフの場合には、12時間計を備えている場合が多いのですが、自動巻式の場合、ストップウォッチを長時間動かすと、時計自体が止まってしまうこともあるので、ネジの残量状況がわかるような針を備えているものもあります。
代表的なクロノグラフ時計の一つである、オメガのスピードマスターの場合は、自動巻きを採用せず手巻きを採用したという経緯もあります。自動巻きの場合はストップウォッチを動かす前に手巻きを使って巻くと良いでしょう
クロノグラフ時計の中にはストップウォッチだけではなく、テレメーター、タキメーターなどの機能をつけたさらに高機能の時計もあります。単なる時計ではなく計器を身につけている、そんな気にさせるクロノグラフの時計をご紹介しています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クロノグラフと似た言葉にクロノメーターがあります。

クロノメーターとは何でしょう?

クロノメーターは、一般にスイスクロノメーター検定協会(COSC)による検定に合格した高精度の機械式時計のこと。COSC以外にも各地の天文台などで認定を行っている場合もあり、この認定を受けたものをクロノメーターと呼ぶこともあるが、現代においてクロノメーターといえばほぼCOSCの検定を受けたものを言う。

クロノメーター検定は、設置位置や温度を変化させて機械式時計の精度を見るもので、すべての環境で日差-4秒~+6秒以内に誤差が収まったものに認定が与えられる。
クォーツ時計は月に数秒程度の誤差が一般的であるが、機械式時計の場合この程度の誤差でも十分精度が高いものとみなされる。

クロノメーターの起源は大航海時代である。航海が増加し、多発する海難事故を防ぐために海上での正しい経度測定法が求められた。1714年、英国議会が経度法を制定し、揺れる船舶の上でも正しい時を刻む高精度の時計が必要とされたのがクロノメーター誕生のきっかけであった。

18世紀初頭、もっとも精度の高い時計は振り子時計であったが、波による揺れの影響の大きい海上では機能しなかった。この問題を解決するため、1735年イギリス人の時計職人ジョン・ハリソンは頑丈な梁に揺れや温度変化を吸収するバネを取り付け、発条を巻いている間も機械が作動し、発条が巻かれた当初と緩んだ後でも時計の回転力が一定になる装置を備え、温度や揺れに強い置時計を製作し「クロノメーター」と名づけた。その後ハリソンは30年に渡って改良を重ね、1759年には直径5インチの懐中時計を4号機(クロノメーターH4)として年差にして30秒という高性能なものを製作し、状況を問わず高精度な時計の代名詞となった。

動機の複製はクック船長が第二次航海の際に活用されたが、当時は高価であり専ら軍用に使われたのみであった。

クロノメーター」と「クロノグラフ」は、名前が似ているので混同されることがあるが、別の範疇である。

名称は、ギリシア神話の時間神クロノスに由来する

出典 ウイキペディアより抜粋

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
楽天・クロノグラフ総合通販
クロノグラフの本
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © クロノグラフ時計専門カタログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]